祝いのカンパナ

msms blog & diary

32 歳になった

 なんて言うかな。

 10 代や 20 代で経験しておくべき人生のタスクを消化できないまま、40 代とか 60 代とかで経験するであろう人生のタスクを先取りして消化している感じが実感としてあって、要は実年齢に対して妙に大人びた考えを持った子供、みたいな変な人間になってしまった気がする。極めて歪な形ではあるんだけど、まぁこうなってしまったものはもう仕方ないので、これでやっていくしかないんだけど。

 

 最近は、<思考ー身体>の関係性を極めて疑わしく思っている。これは自分のケースだけかもしれないんだけど、どうもつぶさに自分を観察していると、頭で考えたことに対して身体が拒否して動作に至らないとか、人から話しかけられると思ってもないようなことを喋っていたりとかする事が実のところ極めて多いのだ。 32 年間分の思考は頭の中だけでどんどん積み重なって頑強なロジックが組まれていくんだけど、結局のところ身体が動作した結果がこの世界との関わり合いの実体であるので、身体性を無視した空想めいた思考に何の意味があるのかという事になってくる。

 <思考→身体>だけの図式ではないんだよな。本当は<身体→思考>の流れの方が先にメインとしてあって、理想的にはその流れを尊重した上で適切な<思考→身体>のフィードバックをかけてあげられるようになると良さそう。そう出来るようになって初めて健全な<思考ー身体>の関係性が構築されるのではないだろうか。「楽しいと思う事だけやっていればいい」は人生の一つの真理ではあると思うんだけど、もう少し正確に言うと、「身体が」楽しいと思う事だけやっていればいい、の方がしっくりくる表現のように思える。人間の身体性を無視したシステムに何の意味があるのか。そういうシステムに誤って自分を組み込んでしまわないように、身体性には注意深く気を配っていきたい。

 

 昨日は各コミュニティでお祝いして頂きました。ありがとうございます。

日記 2018/5/31

 眠気問題が年始から治らない。これさえなければだいぶいろんな事が出来るようになるんだけどなー…

 

ダイエット日記 5 ヶ月目

f:id:mashimoc:20180531060647j:plain

 年末比で -7.7kg 。

 もうダイエットを「頑張って」とか「意識的」にとかしてるつもりはないんだけど、なんか際限がなく体重が落ち続けている。糖質制限が習慣付いちゃったからかなあ。甘いものを食べたり飲んだりする気すら起きなくなってしまった。周りの人が甘いものを食べてても「ふーん」という虚無の感情しか起こらない。お茶がうまい。

日記 2018/5/26

近況

 ちょっと日記の間が開いてしまった。色々あったんだけど、インターネットに書けないこともあるので書けることだけ書く。

 

 バンドを 1 つ辞めた。これは急に辞めたんじゃなくて年明けからずっと協議していてようやく辞める事になった、という経緯が正しい。主な理由は僕の生活に馴染まなかったから。要は時間とお金の使い方。人がたくさん集まる以上、それらの平均値みたいなものが形成されていんだけど、その平均値から僕が大きく逸脱してしまった。年齢を重ねてくるときっとこういう事は増えていくんだろうな。

 

 仕事の内容もだいぶ変わった(転職ではない)。この 2 年間ぐらい、なにか新しい仕事をしようとすると皮膚に病気が出たり精神的にちょっと不安定になったりすることを繰り返していて、先週も蕁麻疹が出て(すぐ治ったんだけど)、この悪循環をどうにかしないとな、と考えていた。今は「そもそもものづくりに向いていない」という直感というか仮説に基づいて、いわゆる普通のプログラミングによるソフトウェア開発から一旦離れる事にした。

 新しい仕事は社会一般的に言う所の品質保証、Web 業界的な言葉で言うと QA (Quality Assurance) エンジニアとか SET (Software Engineer in Test) 。やろうとしているのは後者の SET の意味合いが近い。日本ではまだ馴染みのない SET という職種の初出はおそらく下記の書籍と言うか、 Google である。

テストから見えてくる グーグルのソフトウェア開発

テストから見えてくる グーグルのソフトウェア開発

 

 プログラミングにおける「テスト」という用語は、ソフトウェアの健全性を担保するために書くコード自体の事を指したり、出来上がったソフトウェアの動作を手作業でチェックしたりする作業の事を指したりするんだけど、 SET は手作業でやっていたテストを自動化する事を推進するエンジニアだ。自動化すると言うことは、コードを書くということだ。それじゃものづくりと一緒じゃん、と思うかもしれないんだけど、テストの対象となるソフトウェアのロジックの内部構造をほぼ(あえて)見ない、という点で異なる。Web システムというどう考えても人為的に作られたホワイトボックスのシステムを、ブラックボックスと見なしてテストすることで製作者の意図しなかったバグをあぶり出す。クリエイターではなくアナライザーなのだ。これは僕の性分に合っていて都合がいいかもしれない。しばらく色々とやってみよう。