読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまく喋れなくたって生きていける

anond.hatelabo.jp

 パーティー会場などのざわざわした空間の中から自分が話したい相手の声だけうまく抽出して聞ける人間の能力をカクテルパーティー効果というんだけど、このカクテルパーティー効果がうまく働かなくて相手の声が聞き取れない人が世の中にいる。それはいわゆる発達障害の人に多くて、僕自身も発達障害の特性が少しある人間なので、飲み会の会場とかでは人の話は9割以上聞き取れなくて一人寂しい思いをすることがよくある。

 しかも、ざわざわした環境でなかったとしても、3人以上いると会話の流れが上手く頭で追うことができずに喋ることができない。それどころか最近は性格がどんどん自閉的になっているので、例え2人でいたとしても話しかけることも年々難しくなっている。要するに、全然喋ることができない人間なのだ。

 コミュニケーションや会話に関する本は常にベストセラーで、上手く会話を続けることができないと人間関係が悪くなってしまう、もしくは仕事が回らなくなってしまうという先入観に囚われている人は世の中に結構多いんじゃないだろうか。僕も昔はそういう脅迫めいたものに常に苛まれていた一人だった。そんなんじゃ社会でやっていけないぞとか言われて心無い人から責められ続けたこともあった。この性格を直さなければ、とか思うんだけどいくら努力しても一向に喋ることができなくて何年も悩んでいた。

 でも、人と会ったら全員が同じぐらい話したり聞いたりしなければならない、という思い込みはもしかしたら嘘なんじゃないだろうか、といつからか思うようになった。実際僕は全然喋れないのに、たまに連絡を取っては一緒にお茶を飲みながら、僕の100倍ぐらいは喋って、また話そうねとか言って楽しそうに別れるみたいな交流をもう10年以上も続けている友人が何人もいる。とにかく喋りたまくりたいという相手の需要と、とにかく話を聞いていればいいという僕の供給が一致して、その結果コミュニケーションが成立してしまうのだ。そんな人達の前では普段の僕の喋れないなんて悩みはバカバカしく思えてくるし、上手く喋れなくてよかったなんて思うようにすらなったのだ。

 この歳になってわかったのは、大人になったら人間の性格は、人を傷つけるようなひどいものでさえなければ、欠点なんてものは本当は存在しなくて、結局は全部人との相性の問題で済んでしまうのではないかということだ。万物には全て陰と陽の性質があって、陽には陰が必要だし陰には陽が必要だというのと同じように、自分の持つ性格を必要としてくれる人は必ず世界のどこかに居るのだ。出会う人全員に自分を好きになってもらうのは絶対に不可能だけれども、人生なんて自分を好ましく思ってくれる人を大切にして生きていけたらそれで良いんじゃないだろうか。

「心は熱く、理論はクールに」

 最近の週末はちょっと活動的になってきて、バンドで演奏を楽しむことが多くなってきた。楽器演奏は子供の頃からやっていて、ピアノ、ホルン、クラリネットと転々と渡り歩いてきたんだけど、どれもしっくりこなくてつまらなくて辞めてしまったんだけど、大学に入ったときにボンゴやコンガといったラテン系の打楽器が演奏できるサークルに出会って、感情のおもむくままにバシバシと叩けるのがなんだかとても面白くて、それ以来10年ぐらい打楽器を続けている。打楽器に巡り合うまでに時間はだいぶかかったけど、最終的に自分に適性のあった楽器に出会えて本当によかった。
 それでも大学を卒業してからは仕事も忙しくなって、しばらく演奏する機会もなく友達に会うことさえも少なくなってしまったんだけど、ひきこもってた頃に大学時代の先輩から「カウベルを叩いてバンドを助けてくれないか」というなんとも不思議な依頼の連絡がきて、それがきっかけとなってバンド活動を再び続けることができるようになったのだ。
 音楽でもスポーツでもプログラミングでもなんでも良いんだけど、友達と定期的に集まるときは何か一緒に作るものがあった方がいい。何か一緒に活動することがないと、人はすぐに疎遠になってしまうからだ。たまに思い出した頃に集まって飲み会だけして帰る間柄よりも、頻繁に集まって創作活動をしている仲間の方がとても強い結びつきがある。そんな感じで僕も音楽に救われているところが大きい。

 

 Cuba Libre Laboというバンドにこの4月から正規メンバーとして加入することになった。Cuba Libre Laboは結成から10年近く経つ老舗のラテンビッグバンドで、仙台や浜松、池袋などのストリートジャズフェスティバルを中心に出演している。このバンドのいいところは、メンバーのラテン音楽の知識量が豊富なので、ラテン特有のコール&レスポンスがとても心地よくバシッと決まるところだ。
 この動画は去年エキストラメンバーとして乗せてもらった時のもので、画面中央前列左のカラーレンズをかけているのが僕だ。ボンゴという楽器は普通はひざに挟んで演奏する楽器なんだけど、このライブの直前にアメリカから輸入して取り寄せたボンゴ用のスタンドを導入してみたところ、自分の出したい音が出せてとても演奏しやすかったのでびっくりした。打楽器歴10年目でなんだかいきなり飛躍的に上達した気がして、ツールの選択は本当に大事だなと思う。


『CubanoChant』Cubalibrelabo_JOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL in SENDAI2016

 

 もう一つバンドをやっていて、Project D.D.T.というラテンビッグバンドにも加入している。主に長野県の斑尾高原でのジャズフェスティバルに出演しているバンドで、前述のバンドと大きく違うのは、ラテン音楽を演奏するんだけれどもメンバーがほとんど4ビートジャズバンドの出身者で構成されているところだ。ラテン音楽の知識をあえて取り入れていないので、ラテンというよりもロックやフュージョンのような火の玉的な演奏になることが多く、それでいてメンバーの力量も高いのでサラダボウル的なバンドでとてもカッコよくて面白い。同じラテンバンドなんだけどCuba Libre Laboとは全く違う演奏の楽しみ方ができて、お得感がある。
 この動画は2年前の動画で、後半に僕がボンゴでソロを取っている場面があります。


P7258165 MadaraoJAZZ2015-K-Off@"J"7.25

 

 こういった感じで他の人たちのバンドに乗せてもらうことが多いんだけど、大学の卒業直前に一回だけ自分がリーダーをやってみたビッグバンドがあった。学生時代に乗っていた別のバンドが2011年3月13日にかなり気合いを込めたライブをやる予定だったんだけど、震災の混乱でライブが出来なくなってしまい、ライブがやりたかった気持ちが宙に浮いてしまった。すっかり意気消沈してしまい別の日にライブをやり直そうかという動きもなくて、何か違う形でそのもやもやした気持ちを昇華出来ないかとずっと考えていて、震災から半年後の学園祭で自分でバンドを立ち上げてみよう、ということになったのがその経緯だった。
 当時の僕は演奏が上手いバンドというのがなぜだかあまり好きじゃなくて、学生時代にプロのライブはほとんど聴きに行った記憶がない。「心は熱く、理論はクールに」という言葉が好きで、音が割れていても音程が無茶苦茶でもいいから、アマチュア特有の気持ちが入った、もしくは気持ちが入りすぎた音がとにかく聴きたくて、そういう音を出してくれる人達が集まったバンドを作ろうと思ったのだ。
 たった1回きり、30分のライブをやって終わったバンドだったんだけど、6年経った今でも感想を言ってもらえることがあって嬉しく思っている。僕自身も当時の録音を聴き直して元気をもらうことがある。無茶なバンドに乗ってくださった当時のメンバーの皆さん、ライブを聞いてくださった皆さん、ありがとうございます。
 2011年当時はライブの録画をネットにアップロードする風習というのがあまりなかったので、メンバーが個人的に録音を持っていただけだったのですが、それでは何かもったいないと思ったので今回YouTubeにアップロードしてみました。もし良かったら聴いてみてください。


msms bigband Live At Cafe Losguara 2011/10/23

29歳でプログラマになって2年が経った

 このエントリは以下のエントリの続編です。ちなみに以下のエントリは未だに反応をいただくことがあり、とてもありがたく思ってます。

msms.hatenablog.jp

自由な雰囲気がずっと続くと良い

 29歳でWeb系の企業に入ってもうすぐ2年が経つんだけど、今も同じ会社で働いている。入社した頃と比べてオフィスも移転したり人も増えて20人ぐらいになったりして、ちょっとずつ会社が大きくなっているんだけど、あの頃の自由な雰囲気は変わらずに続いている。みんなが普通の生き方にはない過去や個性を持っていたり、多種多様なバックグラウンドを持っていたりしていて、かつそういったのを尊重しあえる文化が揺るぎなくできているので、人が増えても自由を保てていると思うのだ。日によって、インターンの学生さんがいたり、普段リモートワークでやってる人が会社にきてたり、犬が遊びにきてたりして、毎日会社にいるメンバーの面子がばらばらでそれも面白い。シェアハウスには住んだことはないんだけど、会社というよりも多分そういう雰囲気に似ているんじゃないだろうか。

 こういう文化がずっと続けばいいなと思っている。でも例えば社員が10,000人とかになってしまったらさすがに続かないんだろうなとも思う。どこにその境界線があるのかというと、たぶん社内に知らない人が現れはじめた頃なのだろう。直接交流を持つことができなくなると、文章ベースでコミュニケーションをとったりルールを決めたりするしかできなくなるからだ。

 小学校とかだと同じクラスの30人の名前はだいたい覚えていて何となくクラスの一体感が持てるけど、他のクラスの人だと名前を知っているか怪しくなってきてよそよそしくなってしまう。なので多分社員が30人を超えるあたりが一つの分水嶺で、それ以上会社が大きくなった時にこの文化を保つのは今までにない意欲的な工夫が必要になって来ると思う。まあ会社がそこまで大きくなるまでにはまだ時間があると思うので、その辺りはゆっくり練っていけばいいことなんだけど。

リモートワークはひきこもりを救う

 もう一つ会社に変化があって、リモートワークを導入する人がとても増えた。理由は様々で、家で子供を育てたいからとか、犬を飼いたいとか、家の方が仕事が捗るとかいろいろだ。あと、体調が微妙な時だけ家で仕事するということをやってる人が多い。会社には行けないけど仕事を休むほど体調が悪いわけではない日みたい曖昧な日は一年の中で結構あって、そんな日のためにわざわざ有給を使うのももったいないのでリモートで済ませられるに越したことはないのだ。

 僕自身もリモートワークを大いに活用するようになった。完全に曜日によって会社に行く日行かない日を分けているということはなくて、週2,3日の午前中だけ会社に行って他は自宅で作業するとか、調子が悪いなと思ったら週5で自宅にひきこもるとか、今日は会社に犬が遊びに来るから僕も行こうかなとか、割と曖昧な感じでやっている。僕は持病があって周囲の光や音がとてもうるさく感じてしまってどうしても会社だと作業に集中できなくて困ってしまい、でも完全にリモートワークに切り替えるにはまだ一人でやっていく技術力もまだないし、みたいな両価性があるので今はそんな感じで会社に行ったり家で仕事をしたりしている。

 来るかもっていってた人が来られないそうです

 それぐらいがいいですね 行かなきゃいけないとかは しんどいので 来ても来なくてもいいし 行っても行かなくてもいい

 なんとなく’ゆるく’オープンにしておいて 連絡取ろうと思ったら取りやすいみたいな

 ブレイクスルー File.46 自分の幸せは、自分で決める ―ニートのカリスマ phaさん― - ハートネットTV - 2016年1月4日の放送 - NHK福祉ポータル ハートネット

 でも僕が家で仕事をやっているのは健康面の理由だけではなくて、プログラミングの技術書で勉強をしたり調べごとをしたりするときは、会社のざわざわした環境よりも家のしんとした環境の方がはるかに集中できる、というメリットもあってのことだったりもする。僕はこの会社にくる前は研究がしたくて博士課程を目指していた時期もあったんだけど、今みたいに家で研究する時間が確保されていると研究者になる夢が少し叶ったみたいな気がしてとても嬉しい。

 もし今の時代にリモートワークがなかったら、今頃僕は医者に診断書を書いてもらって会社を休んで周りに白い目で見られるか、もしくはすぐクビになって今もずっと家にひきこもっていなければならず、一人ぼっちで寂しい人生を送らざるをえなかっただろう。そう考えると、リモートワークが普通に認められる時代になって本当によかったと思う。

新しい形の音楽アプリを作った

 もう去年の話になるんだけど、耳が聴こえない人が音楽を楽しめるようにするためのiPadのアプリを作った。合唱曲の「Believe」という曲で、動画に合わせて譜面や歌詞が流れたり、拍子が視覚的に光ったり、曲が盛り上がってるかどうかがイメージでわかって、手話で歌うことを楽しめるアプリだ。プログラムは僕一人で書いた。無料なので、もし良かったらダウンロードしてみて触ってみてください。

手話で歌おう

手話で歌おう

  • Info Lounge LLC
  • 教育
  • 無料

 このアプリで全国の学校の方に手話で歌っていただいたのを撮影した作品でコンテストを開いて、そのコンテストの結果がこの間発表された。僕自身は手話が全くわからないのでどんな作品を応募してくださるのか全く予想もつかなかったんだけど、どの作品も本当に素晴らしくて、かつ純粋に音楽的な驚きがあってとても良かった。受賞作品は全てこちらの公式サイトから見れるのでこちらも良かったら見てください。おすすめです。

shuwauta.info

 最近はアプリの制作は一旦お休みしていて、WEBサイトの制作を主にやっている。スマホアプリの制作は少人数でコーディングすることが多いので、あまり他の人が書いたコードを見る機会が少なくて、プログラミング初級者の僕にとってはあまり良くないと思ったのが主な理由だ。情報系の学校にも行ってないしプログラミングを始めてまだたった2年の僕が書けるコードというのはまだまだ不自由で、他の人のコードをたくさん見て勉強しながら自由で良いコードが書けるようになれば良いなと思っている。まあ、早く凄いコードが書けるようになりたい欲求みたいなのはなくて、急いでもゆっくりやっていってもだいたい同じところにたどり着くので、焦らず学んで行けば良いのだけれど。

病気と付き合いながらも働ける

 僕はここ5年ぐらい持病を抱えながら生きている。病気から抜け出したい、このままでは駄目だと思って頑張ってみるんだけれども、その度に体調が悪くなってしまってひきこもり、また頑張っては破綻してひきこもり、といったことを何度も繰り返し、一向に病気が治らなくてずっと悩んでいた。

 それでも過去の傾向から、とにかく自分で高い目標を立てて頑張ってしまったり、もしくは優秀そうだからという理由で身の丈に合っていない仕事を任されてそれを乗り越えようと頑張ってしまったりして、その結果として潰れてしまうことが繰り返されてきたということがだんだんとわかってきた。そうやってまた1年前もやっぱり体調が随分悪くなってしまい、このままでは辛すぎると思い仕事の負荷を思い切って軽くしてもらったり、あまり頑張らずにできることだけをして過ごすようにしたりして、とにかく「頑張ることを手放す」ことを試みたところ、あんなに悩まされていた症状が嘘のように消えてしまったのだった。

 統合失調症をかかえる彼は、物心がついた時からいわゆる幻聴が聞こえ、「頑張れ」という声に背中を押されるように何事にも強迫的な頑張りを続けてきた一人です。普通「頑張りやさん」と言われるとうれしいものですが、彼の頑張りはちょっと違いました。「頑張れ!」という声に半ば強制されるように、スポーツも、勉強も、極限まで頑張ってしまうことをやめられない、苦しくてつらい日々を過ごしていました。心身ともに疲労し、混乱する中で救急車に運ばれて浦河日赤病院精神科に入院した時に彼が発した言葉は、「やっと、病気になれた」というものでした。それだけでも、その言葉にはインパクトがありました。

 精神障害と教会 教会が教会であるために

 頑張れば頑張るほど病気が治ることから遠ざかり、頑張るのを手放して楽に生きようとした途端に病気が治り出す。いったいこれはどういう皮肉なんだろうか。そう思い始めたとき、これはもう、神様が僕にくれた病気なのだと理解し始めた。これ以上頑張っては身体を壊しますよ、だから生き方を見直しなさいという、そういう身体からの危険信号なのだと。

 幸いなことに、プログラミングの世界にはレイヤー(階層)という概念があって、個人個人の趣味趣向、技術力や負荷などに見合った仕事の種類が自分で選べるようになっている。僕はいま自分があまり頑張らないで楽しくできる範囲の仕事だけをやっていて、結局その方が長い目で見て安定して働けるので会社の為にもなっているし、自分の体調も良くなる方向に向かっているので自分の為にもなっているので、人生がうまく回り出しているのだろう。この先もこんな感じで力を抜いて生きていって、気がついたら病気が治っていたらいいなと期待している。

まとめ:人生を豊かにする仕事をしよう

 結局、プログラマという職業は自分にとって天職だったのだろう。2年間も同じ仕事をできたことは僕にとって初めてのことで、いろんな意味で自分に適性があった仕事なのだと改めて感じる。

 働けば働くほど健康になる仕事がいいな、ということをよく想像する。仕事では人生のうち3分の1の時間を過ごす訳で、働くたびに疲れ果てて消耗してしまうのは、やはりもったいないことだと思う。プログラマをクリエイティブな仕事と呼べるかどうかはわからないけど、心身にとって生産的で健康になれることをしていた方が、やはり楽しく豊かな人生を送れると思うのだ。

 人工知能の進化とかであと何年プログラマという職業があり続けるのかは全くわからないけれども、こんなに楽しい職業を生み出した人たちならばきっとまた新しく楽しい職業を生み出してくれるだろうからあまり心配もしていない。こんな感じでプログラミングをこれからも楽しんでいきたい。