読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないようにしている

「頑張る」というのは不思議な言葉だといつも思う。時候の挨拶のように「頑張ってね」と人に声をかける様子は毎日のように聞くし、実際に言われるとたった一言の会話なのにどこか元気をもらえた気がして嬉しい言葉のように感じることもある。その一方で、自…

うまく喋れなくたって生きていける

anond.hatelabo.jp パーティー会場などのざわざわした空間の中から自分が話したい相手の声だけうまく抽出して聞ける人間の能力をカクテルパーティー効果というんだけど、このカクテルパーティー効果がうまく働かなくて相手の声が聞き取れない人が世の中にい…

「心は熱く、理論はクールに」

最近の週末はちょっと活動的になってきて、バンドで演奏を楽しむことが多くなってきた。楽器演奏は子供の頃からやっていて、ピアノ、ホルン、クラリネットと転々と渡り歩いてきたんだけど、どれもしっくりこなくてつまらなくて辞めてしまったんだけど、大学…

29歳でプログラマになって2年が経った

このエントリは以下のエントリの続編です。ちなみに以下のエントリは未だに反応をいただくことがあり、とてもありがたく思ってます。 msms.hatenablog.jp 自由な雰囲気がずっと続くと良い 29歳でWeb系の企業に入ってもうすぐ2年が経つんだけど、今も同じ会社…

ゆっくりと生きるには覚悟がいる

Shinagawa madness 東京の人が生きるスピードはあまりにも速すぎるんじゃないか、と最近思うようになった。例えば、電車のダイヤの密度やエスカレーターの速度はホームに人が溢れないように過密に設定されていたり、コンビニのレジの応対は客が並ばないよう…

こまめに体調不良になっておくという戦略

社員全員が受ける健康診断が毎年あるんだけど、昨年度末の健康診断を受けた後に体調を崩した方が続出したことがあった。朝食抜いたのがいけないんじゃないかとか、バリウムがまずいのでは、とか色々憶測が流れたんだけど、多分そういうことじゃなくて、健康…

だるいですか?

元気じゃない知人を見かけた時にありがちな「元気?」とか「大丈夫?」とか「疲れてない?」とか「無理しないでね」とかいう言葉がけは、経験上あまり効果がないというか、「いや、大丈夫です」みたいに遠慮したり強がったりして否認してしまうのでむしろ追…

29歳でプログラマになった

僕は新卒で2年務めた建設業界の大企業の営業職を退職して、29歳でITベンチャー企業に入社してプログラマになった。この世界に移ってから驚くことがとても多かったし、とても自由になった。このエントリは、働いていてどこか生きづらさを感じている人のために…

ロイヤルストレートフラッシュは出なかった

ぼくたちは環境に規定されています。「かけがえのない個人」などというものは存在しません。ぼくたちが考えること、思いつくこと、欲望することは、たいてい環境から予測可能なことでしかない。あなたは、あなたの環境から予想されるパラメータの集合でしか…

4億円は当たらなかった

4億円は当たらなかった— mashimo.c (@_msms) 2015, 6月 26 ロト7という宝くじを買うようになった。毎週金曜の夜に当選発表があって、1等賞が当たると4億円もらえる。 宝くじの1等が当たるのはチリみたいな確率だってことはわかってるし、それなら買わないほ…