頑張らないようにしている

 「頑張る」というのは不思議な言葉だといつも思う。時候の挨拶のように「頑張ってね」と人に声をかける様子は毎日のように聞くし、実際に言われるとたった一言の会話なのにどこか元気をもらえた気がして嬉しい言葉のように感じることもある。その一方で、自分にとってやりたくないことを人に頼まれて、渋々了承する時に「頑張ります」と苦し紛れに言わざるを得ないような、とても嫌な言葉に感じることもある。

 つまり、世の中には良い「頑張る」と良くない「頑張る」があると思うのだ。自分が好きで自分から進んで取り組めるような物事に対して頑張るというのは、自分自身を元気にしてくれるものだし、無理のない範囲で生活に取り入れて行った方が人生が豊かで楽しいものになって良いと思う。

 でもそうではなく、自分を消耗してしまうような物事に対して「頑張る」という時のその言葉の裏には、「無理をして」とか「自分の意志に反して」という言葉が隠れている。頑張っている瞬間は一夜漬けみたいな感じでなんとかなるかもしれないけれど、長期間の無茶な行動の後には必ず反動がくるように人間は出来ていて、取り返しのつかないしっぺ返しをくらう事もあったりする。無理の代償として怪我や病気をしてしまい、何年間も人生をふいにせざるを得なくなるなんてことは、この世界で往々にして起こっていることなのだ。

 世の中には頑張ってはいけない性格の人間がいる。真面目な人、責任感の強い人、もしくは自分を犠牲にしてまでも仕事に尽くしてしまうような人は、そういった良くない頑張りをしてしまわないように十分注意していかなければならない。僕自身もそういうタイプだった人間の一人で、過去に辛い状況から逃げ出さずに我慢して頑張りすぎてしまった結果、障害を背負ってしまった。その反省から、今は「頑張ることを手放す」ことを実践していて、自分が楽しく感じられる範囲で仕事をしたり生活を送ったりするようになってから、割と人生がうまく行くようになった。

 現代のビジネスの根底には、とにかく仕事を詰め込んだり、無駄な時間を削ったりして、生産性を高めよう、みたいな言説が蔓延しているんだけど、そういった考えは今の僕にはとてもマッチョな思想に感じられて辛いので、影響を受けないようできるだけ距離を取るようにしている。

 次の図は、1日の仕事の中での生産性を考える上でとても参考になるものだ。

f:id:mashimoc:20151003151928j:plain

lifehack - [翻訳]プログラマの生産性の壊し方 - Qiita

 「ギーク」とはコンピューターに精通している人たちの俗称なんだけど、ギークに限らず人間は本来、生理的には上の図の青い線のように調子の波があるものだと思う。人間は機械ではない。全ての時間帯で人間は生産性を100%まで上げられる、というのは単なる幻想でしかなくて、その生き方を目指してしまうと不幸な結末が待っている。

 「プログラマの三大美徳」と呼ばれる有名な言葉があって、人間の7つの罪とされるうちの怠惰、短気、傲慢がプログラマにとっては美徳だとされている。可能な限り頑張らずに物事を達成したり問題を解決できてしまう方が素晴らしいとされる価値観が、プログラマにとってはとても大切なものなのだ。

 それでも無理をして頑張らないとレベルアップできないし世界では通用しない、みたいな意見もあると思うんだけど、その考えが絶対正しいかというと必ずしもそうではないみたいだ。さまざまな分野の一線で活躍している人たちのインタビューを聞いてみると、凄まじい努力の結果高みまで登りつめたという人がいる一方で、ただずっと楽しくてやってるうちにいつの間にか一流と呼ばれるところまで来ていた、という人もいることがわかってきた。

草彅: よく人って夢のためにがんばるっていうじゃないですか。

タモリ: 夢があるようじゃ、人間終わりだね。

草彅: 僕もそれどうなのって思うんですよ。夢って何なの?って。思いません? それを美徳としてる感じがあるじゃないですか。「夢に向かってがんばろうぜ!」みたいな。じゃあ、夢が叶っちゃったらどうするの?って話で。

能町: 今まで夢とかなかったですか?

草彅: だから、夢ってわからないんですよね。小さい時からこの仕事をしているんで、ある意味早く叶ってしまったっていうのもあると思うんですよ。でも夢のためにがんばって目標立てて、毎日それだけのために生きていくって……。

タモリ: そう。夢が達成される前の区間はまったく意味がない、つまんない世界になる。これが向上心のある人の生き方なんだよね。悲劇的な生き方。夢が達成されなかったらどうなるんだ?ってことだよね。U-zhaanさんとかこう(タブラを)やるのは、夢じゃないんだよ。やってるだけの話だよね。好きでやっててこうなってるだけの話で。

U-zhaan: いつかどうなりたいと思ってやってたことはあんまりないですね。

タモリ: うん。好きでこれ面白いなってやってる人がみんなこういう風になってるんだよ。そういう人たちが夢を持ってやってたかっていうと、そうじゃないよね。それがジャズか、ジャズじゃないかの差。

宮沢: 今を濃厚に生きるかってことですか?

タモリ: そう。

 タモリにとって「ジャズな人」とは何か---70歳の『タモリ学』 - てれびのスキマ

 もしあなたが長い間良くない頑張りを強いられていて辛い状況が続いているのなら、それはきっとあなたが悪いんじゃなくて、身を置いている環境やシステムの設計が良くないんじゃないだろうか。そういった状況はずっと持ちこたえることは出来なくて、遅かれ早かれ瓦解してしまうのだろう。そうなってしまう前に、余裕のある仕組みに作り変えてしまうか、もしくはその環境から諦めて身を引くことが大切なのだと思う。